[無料ソフト]シリコンパワー SP Toolboxを使ってSSDを管理する方法

Windows

価格.comやAmazonでも人気上位のSSDシリコンパワー製のSSDですが、メーカーが提供する無料の管理・メンテナンスソフトを使用することでSSDの状態や残りの寿命を把握することができます。

対応機種

Amazonなどで売れ筋SSDのAce A55シリーズや上位機種のSlim S56シリーズに対応しています。

ダウンロード

ダウンロードはメーカーの公式サイトから行えます。

SP ToolBox Free-download Software
SP Toolbox was developed for using with SP SSDs and Industrial Flash products, and provides multiple ways for users to obtain disk informati...

SP Toolboxを起動

ダウンロードしたファイルを展開して「SP Toolbox.exe」を実行します。

インストーラは付属していないようです。

起動すると接続されているドライブをスキャンします。たくさんドライブを接続していたり調子が悪いドライブがあれば時間がかかります。

認識されるとドライブの情報(デバイス情報)が表示されます

SSDのモデル名、ロット番号(シリアル番号?)、ファームウェアのバージョンの個体に関する情報や、SSDの利用状況、総書込み量、温度を確認できます。

健康状態をクリックするとSSDの詳しい状態を確認できます。

推定余寿命もわかりやすいので残りの%が少ない場合はそろそろ交換しましょう。

「スマート」をクリックするとS.M.A.R.Tの情報を確認できます。

CrystalDiskInfoでも同様のS.M.A.R.T情報を確認できますが、ベンダー固有となる情報が多い場合はメーカー専用のツールをおすすめします。

消耗状況をクリックするとSSDの消耗状況やブロック情報を確認できます。

あまり見ることも少ない画面だと思います。

診断スキャンをクリックするとSSDの診断が行える画面になります。SSDの調子が悪いのかな?という時にはまずクイックスキャンをして、満足できないときはフルスキャンをすればOKだと思います。

まとめ

シリコンパワー製のSSDはコスパも良く120GBからラインナップがあり、同容量の他社SSDと比較しても安価な場合が多いです。

メーカー公式ツールのSP Toolboxを使用してより安心・安全にSSDを使っていくことをおすすめします

シリコンパワー製のSSDもふくめた最新のおすすめSSDやいろんなパソコンのSSDの交換方法についても紹介しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました