CrystalDiskMarkの使い方[HDD・SSDベンチマーク]

Windows

ハードディスクやSSDなどのメモリに対する書込み速度や読み取り速度を測定して性能を確認することができます。NASなどのネットワーク上のフォルダに対してもベンチマークを行えるのでネットワークの更新やサーバーやNASなどの入れ替え後にどれぐらい速度が改善・向上したのか確認することもできます。

ダウンロード

フリーソフトなので無料で使用できます。

作者(hiyohiyo氏)のサイトからダウンロードできます。

ダウンロード
開発支援 デジタル署名の更新や検証用機器の購入などに活用させていただきます。開発支援をよろしくお願いいたします。 「水晶雫世界」「オリオスペック」にて技術同人誌を販売中! Amazon ギフト券 (受取人 hiyohiy...

ソフトの起動

ソフトを起動するとこんな感じです。「All」をクリックするとデフォルトの状態でCドライブのベンチマークが開始されます。

ベンチマークの設定

ベンチマークの設定を行えます。

何回繰り返し行うかの設定です。デフォルトは「5回」ですが1回から9回まで設定できます。

測定で使用するファイルのサイズを設定できます。標準は1GBですが16MBから64GBまで設定できます。

表示する数値の単位を設定できます。標準は「MB/s」ですが「GB/s」「IOPS」「μs」にも変更できます。

ベンチマークの実行

内蔵ディスクのベンチマーク

CドライブやDドライブなどの内蔵ディスクのベンチマークを行えます。

デスクトップパソコンのHDDの速度

HDDからSSDへ換装する時の交換前や交換後など数値の比較ができます。

USBディスクのベンチマーク

内蔵のディスクだけでなくUSBメモリやUSBハードディスク・SSDなど外付けのディスクのベンチマークも行えます。

USB2.0とUSB3.1での速度の比較やType-Cにしてどれぐらい高速化するか数値で比較することができます。

NASやサーバーの共有フォルダのベンチマーク

「フォルダー選択」をクリックしてネットワーク上のフォルダを選んで共有フォルダに対してベンチマークを実行することができます。

ネットワークに表示されているサーバーを指定して共有フォルダを選択します。

Windowsのネットワーク検索を有効にして、NASやサーバーが同じドメインやワークグループ名であれば表示されると思います。

NASの機種やRAIDの構成で速度が変わるのか実験できます。

まとめ

パソコンをHDDからSSDに換装して数値を確認したり、早いUSBメモリを探したりするのに便利なソフトです。ネットワーク上の共有フォルダに対してもベンチマークを行えるのでいろいろな使い方ができそうです。

同じ作者でハードディスクやSSDの状態を管理・把握できるCrystalDiskInfoもあり、無料なのでインストールしておくことをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました