DELL Inspiron 660s高速化 パート1[Windows10・SSD交換]

Windows

7年前ぐらいに発売されたDELLの家庭向けデスクトップパソコンInspiron660sの中古品をゲットしたので最新のSSDに換装して遊び用のパソコンに改造してみました。

ハードオフやソフマップの中古専門サイト「リコレ!」などでも格安で販売されているデスクトップパソコンでWindows10でも動作します。

入手時の状態はこんな感じです。

  • CPU・・・Intel Pentium G2030
  • メモリ・・・DDR3 4GB 1枚
  • HDD・・・64GB Crucial SSD (純正HDDから換装済み)

古めのCrucialのSSDを使用していましたが、最新のSSDほど速度が出ないのと、64GBなので重めなゲームはインストールすらできません。

以前NEC VersaProで交換してみたキオクシアのSSD(240GB)が本領を発揮できなかったのでこのパソコンで使用しますw

メモリ増設

側面カバーを開けて、電源ユニットにあるネジを外します。

次に前面カバーが3つの爪で引っかかっているので外します。

前面カバーを外します。

見えているネジを外していきます。

前面のネジも外します。

ネジが外れると、ガバッと金具ごと外れます。

メモリはPC3-12800に対応しているみたいで、最大8GB(4GBを2枚)まで搭載可能です。

対応状況は下記リンクから確認してみてください

対応情報 | バッファロー
対応情報に関するサイト。テレビ・レコーダー・チューナーやメモリ、スマートフォン・タブレット、ゲーム機の対応情報等の情報をご紹介。

ハードディスク・SSD交換

CrucialのSSDからKIOXIAのSSDに交換しました。

2.5インチから3.5インチに変換するマウンタもないので大体この辺にぶらんとさせました。

KIOXIAのSSDを管理するためにメーカー提供のツールをインストールしておきました

Windows10インストール

Windows 7 Home Premiumインストールモデルですが、Windows10無料アップグレード期間にWindows10にアップグレードしていたので、作成しておいたインストールUSBからクリーンインストールしました。

ベンチマーク・ゲーム動作

実際の能力を測定するためにベンチマークと人気のゲームをインストール、起動して使用感をレビューしたいと思います。

CINEBENCH

CPUの定番ベンチマークCINEBENCH R20を実行しました。

3GHzですが2コアなのでかなり時間がかかります。スコアは382でした。遅いw

CrystalDiskMark

CrystalDiskMarkを実行してみました。

読み込み速度は想定の速度が出ていますが、書き込みが異常に遅くなっています。

相性なのか低速病なのか、今後の課題にしたいと思います。

2020年8月 キオクシアのSSDはBUFFALOサポートセンターに連絡してメーカーで検査することになりました。

ドラクエベンチマーク

軽めなGPUでもそこそこ動作するドラクエXのベンチマークを実行してみました。

ドラゴンクエストX - 目覚めし冒険者の広場
「ドラゴンクエストX」のプレイヤー専用サイト、「ドラゴンクエストX 目覚めし冒険者の広場」

標準品質、解像度1280×720、ウインドウ表示で「重い」判定でした。

7年前のIntel Pentiumかつオンボードグラフィックなのでゲームには向いていないですね。

GTA5

PCやPS4などでもまだまだ人気がありそうなGTA5もインストールしてみました。

解像度と画質を下げればドライブぐらいはできますが、カクカクですw

超安全運転の観光だけなら大丈夫な感じでしたw

フォートナイト

最近は小学生にも人気なフォートナイトも入れて遊んでみました。

画質はソフト側で自動判定で設定してくれましたが最低設定ですw

MAXで30FPSで銃打ちまくりゲームでは重要な描写距離も「近い」になっていますw

戦場に出かけた時のFPSです。10前後なので当然カクカクでゲームになりませんw

逃げて隠れるだけのゲームになっちゃいますw

まとめ

7年前のデスクトップパソコンですが、Intel PentiumやCeleronなどのCPUだとゲームには当然向いていません。

この後、このPCはCPUをIntel Core-i7に換装して、SSDはSeagate製の物に交換しました。

今回使用したキオクシアのSSDの他にもおすすめのSSDはこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました