GeForce GT1030でどれぐらいゲームを遊べるのか評価・レビュー!

Windows

私のおすすめロープロファイルグラボの一つNVIDIA GeForce GT1030が2021年でもどれぐらい遊べるのかIntel Core-i7 3770のオンボードグラフィック(Intel HD Graphics 4000)と比較したレビューをしてみたいと思います。

検証するゲーム・ベンチマークは独断と偏見で選んでますので、ご意見等ありましたらコメントを頂けるとありがたいです。

検証するPCのスペック

・Microsoft Windows 10 20H2

・1920×1080 フルHDモニタ

・Intel Core i7 3770

・メモリ 12GB (8GB+4GB)

・ゲーム保存先ドライブ 2.5インチ Seagate Barracuda 120 SSD 500GB

使用したグラフィックカードはGIGABYTE製のGV-N1030D5-2GLです。

ファンレスではありませんが、1スロット仕様のグラボなので汎用性は高いです。

実際に私が遊んでいるPCゲームがどれぐらいの環境で動作しているかレビューをしたいと思います。

オンボードグラフィックとの比較

GeFrorce GT1030Intel HD Graphics 4000
GPUGP108Ivy Bridge GT2
Release DateFeb 5,2017Apr 23,2012
Shaders38416
Direct X1211
グラフィックメモリGDDR5DDR3
Bandwidth48.1GB/s25.6GB/s
GPU クロック1228MHz650MHz
メモリクロック1502MHz800MHz
ブーストクロック1468MHz1150MHz

シェーダーの数、GPUクロック、メモリクロックなどGT1030がかなり上だということがわかります。GeForce GT1030ではサポートされている機能も多くCUDAにも対応しているようです。

ゲーム中のFPSやベンチマーク中の状態を測定してみた

MSI AfterBurnerのベンチマーク測定機能で各ゲームのフレームレートを測定してみました。

シティーズスカイライン

人気な都市経営シミュレーションCities Skylinesのレビューです。

最新のDLC「Sunset Harbor」までインストール済みの状態でModなし状態です。

↓の設定については固定しました。

項目設定値
解像度1920×1080
表示モードフルスクリーン
影の描写距離
異方性フィルタリング有効
アンチエイリアス有効

「ディテールのレベル」を「中」「高」「最高」にそれぞれ変えて実際のゲームプレイ中のFPSを測定してみました。解像度は全て「1920×1080」です。

シナリオで作成した26万人の大都市で雨が降っているので負荷はかなり高い状態だと思います。

結果はこんな感じです。Intel HD Graphics 4000では重すぎたので「低」設定でのみ測定してみました。

Average FPS(平均FPS)が快適ラインとされる30に届きませんでしたが、シミュレーションゲームなので「高」設定でも十分遊べる感じでした。

ディテールのレベル別の数値はこんな感じでした。

最高
Average FPS20.519.815.7
Minimum FPS15.610.59.6
Maximum FPS25.529.927.9
1% low FPS1310.47.5
ディテールのレベル別の数値(FPS)

The Crew2

アメリカを舞台に車やバイク飛行機などいろんな乗り物を乗りこなして遊びまくるThe Crew2のベンチ結果です。

The Crew2のビデオ設定でビデオプリセットを「低」「中」「高」「最高」に変えてみてビデオ設定画面のベンチマーク機能「F9」で測定してみました。解像度は全て「1920×1080」です。

ゲーミングモニタでなければ「低」設定で平均FPS30以上でているのでカクカクすることは無いと思います。Average FPSでは「中」や「高」設定でも20以上出ているので、少々のラグを気にならなければ遊べると思います。

処理が重そうな街中のレースをしても中設定の状態であればFPSは25前後でていて特にカクカクすることはありませんでした。個人的には快適に遊べています。

最高
Average FPS31.624.321.317
Minimum FPS25.920.318.314.9
Maximum FPS39.929.926.520.9
1% low FPS19.919.914.914.9
ビデオプリセット別数値(FPS)

GTA5

発売されて数年経ちますが、イベントなども多くまだまだ人気なゲームGTA5をプレイしてみました。

テクスチャ、シェーダー、シャドウ、リフレクション、ウォーター、草の精密度、精細度をそれぞれ「ノーマル」「高」「超高」に変えて、ゲーム内ベンチマークの最終シーン、鉄橋からタンクローリー爆発シーンまで測定してみました。

↓の設定項目は固定にしています。

項目設定値
スクリーンタイプフルスクリーン
解像度1920×1080
FXAAオン
MSAAX2
垂直同期オン
リフレクション MSAAX2
ソフトシャドウNVIDIA PCSS
異方性フィルタリングX2
アンビエントオクルージョン
テッセレーション

Intel HD Graphics 4000ではノーマル設定のみで、GPUの仕様上同じ設定はできませんでしたが最低限可能な設定で行いました。

「ノーマル」や「高」設定で平均 FPSが30ぐらい出ているのでゲーミングモニタ以外では気にする必要はないでしょう。

ただベンチマーク実行中はGPU使用率は99%ぐらいでかなり頑張っている様子でした。

さらに設定や画質を上げると厳しいでしょうが楽しむレベルであれば個人的には十分な気がします。

実際の数値はこんな感じでした。テクスチャ・シェーダー・シャドウ・リフレクション
ウォーター・パーティクル精密度・草の精密度・精細度のみ変更しています。

ノーマル超高
Average FPS41.229.619.3
Minimum FPS29.219.912
Maximum FPS51.830.230
1% low FPS28.419.812.1

MINECRAFT(マインクラフト)

マインクラフト JAVA EDITIONのバージョン1.16.5を遊んでみました。

描画距離を「12」「18」「24」「32」に設定して、クリエイティブモードで空を3分間飛び続け、その間のFPSを測定してみました。↓の設定値は固定にしています。

項目設定値
解像度1920×1080(フルスクリーン)
バイオームの重なり度合い5×5
グラフィックス描画優先
スムースライディング最大
最大フレームレート120fps
画面の揺れオン
雲の表示処理優先

Intel HD Graphics 4000(オンボードグラフィック)の12チャンク設定の測定値も混ぜています。

オンボードグラフィックでもそこそこの数値が出ていますが、GT1030ではそれ以上の数値が出ています。

ゲーミングモニタでなければ20チャンクぐらいの設定でも快適に動作すると思います。ただGPUよりCPUの使用率が高い感じでした。i7-3770より高性能なCPUだともっと快適かもしれません。

実際のFPSの数値はこんな感じでした。

描画距離12チャンク18チャンク24チャンク32チャンク
Average FPS84.452.122.317.5
Minimum FPS53.124.214.311.9
Maximum FPS114.9106.533.221.9
1% low FPS21.5168.84.2

STAR WARS BATTLEFRONT2

スターウォーズ好きにはおすすめのバトルフロント2も遊んでみました。EpicGamesで無料で購入できました。

グラフィック設定のプリセットを「低」「中」「高」「最高」まで変えてみて、「アーケードモード」のプレイ中の状態を測定してみました。解像度は1920×1080のフルスクリーンです。

実際の数値はこんな感じです。

グラフィックの品質最高
Average FPS28.227.726.723.3
Minimum FPS17.816.720.319.3
Maximum FPS61.136.931.828.3
1% low FPS12.917.120.419

Average FPS(平均FPS)は30を超えることはありませんでしたが、低設定や中設定では動作はスムーズで楽しむレベルであればストレスになることはないと思います。

Tieファイターでの戦闘の動作もスムーズでした。StarWarsの世界観に浸れます。

フォートナイト

フォートナイトでも測定してみました。ビデオプリセットを「低」「中」「高」「最高」まで変更して、落下前からやられるまでのFPSを測定してみました。解像度は1920×1080でフルスクリーンです。

プリセット高 最高
Average FPS59.759.830.220.5
Minimum FPS37.236.922.414.3
Maximum FPS61.861.842.925
1% low FPS25.236.619.611.2

Intel HD Graphics 4000でも低設定であればFPS20前半ぐらいの数値が出ていますが、グラボを増設することでかなり向上することがわかります。

オンボードグラフィックと同じ「低」設定やさらに上の「中」設定であれば平均約60FPSでています。高設定ではFPSは30前後で負荷のかかる場面によっては少しカクカクすることがありました。

低設定、中設定では画質が少し荒くなりますが、動作はかなり快適になります。

LEFT 4 DEAD 2

少し古いゲームですがまだまだプレイ人口の多いゾンビゲームLEFT 4 DEAD2でも測定してみました。解像度は1920×1080でフルスクリーンです。

Intel HD 4000のオンボードグラフィックでは設定をそこそこにしても平均20FPS以下でしたがGT1030では平均60FPSとフルHDゲーミングモニタでもかなり快適と思われる数値です。

ビデオ設定(最高)
Average FPS59.9
Minimum FPS59.9
Maximum FPS60
1% low FPS59.6

GT1030増設後は画質を最大に設定して楽しめるでしょう。

ドラゴンクエストX(ベンチマークソフト)

定番のベンチマークソフト、ドラゴンクエストXのベンチマークソフトでスコアを計測してみました。

最高品質設定の1920×1080でオンボードのIntel HD Graphisc4000との比較ではスコアは5倍以上上昇しています。

軽量なゲームソフトでは高めの設定でも動作する指標の一つだと思います。

結果とおすすめ設定

フルHD(1920×1080)、30ヘルツのディスプレイにおすすめ設定を表にまとめてみました。

ゲーム名画質FPS
シティーズスカイライン高設定20~30前後
The Crew2低設定30以上
GTA5ノーマル30以上可能
マインクラフト最高設定(描画距離20チャンク)20~30前後
STAR WARS BATTLEFRONT2標準設定30前後
フォートナイト中設定30前後
LEFT 4 DEAD 2最高設定60前後

GT1030はロープロファイル対応かつスロットを1つしか占有しないので、ほとんどのデスクトップパソコンに装着可能です。物理的な干渉が起きにくいので、PC改造初心者でも心配なく取り付けやすいパーツだと思います。

またグラボ電源不要なのでグラボ用の電源がない古めのタワー型パソコンでも安心してグラボを増設することができます。

おすすめのGeForce GT1030グラボはこれ

ファンレス仕様の製品もありますが内部の厚みが2スロット分あるのでどうしでもファンレスにこだわる場合以外は通常の1スロットの製品をおすすめします。

GeForce GT1030では高負荷の状態でも特にうるさいことはありません。

別の記事でロープロファイル対応グラボのワンランク上のGTX1050TiとGT1030の比較も行いましたので、GTX1050Tiと悩んでいる方は参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました