[おすすめNAS]BUFFALO 最新Linkstation LS720DNBをレビュー

サーバー

2020年11月に発売された現状バッファローの最新NAS Linkstation LS720DNBを入手したので早速レビューしてみたいと思います。

実機を設定して、速度の測定まで行ってみました。Terastationにそっくりな画面まわりで設定できることも結構近いですが、私としては意外な弱点もありました。

LS720DNBはLS720Dの法人モデルで、どちらのモデルも2TB〜16TBのラインナップです。

共有フォルダのアクセス制限やユーザーのCSV登録、UPS連動設定、メール通知設定、TimeMachineの対応など、私が思う基本的な設定はどちらも対応しているように思えます。

LS720DNBは家庭用モデルのLS720Dシリーズよりメーカー保証が長いのが大きな特徴でしょうか。

いざ開封!

本体と付属品(LANケーブル・ACアダプタ・導入ガイドと保証書)が同梱されていました。

今までのLinkstationとほぼ同じな内容です。

外観

背面にはUSBポートが2つあり、そのうち1つはUSB 3.2(Gen1)、3.1(Gen1)に対応しています。USB2.0のポートは外付けのハードディスクよりUPSをつなげたいですね。

前面にもUSB 3.2(Gen1)、3.1(Gen1)に対応したポートが一つあります。

LS500シリーズやLS200シリーズではUSBポートが1つしかなかったですが、LS700では3ポートもあるのでUSBハードディスクへのバックアップとUPS(無停電電源装置)の組み合わせが可能になりました。大きな進化です。

ハードディスクの変え方は今までのLinkstationと同じですね。電源を切ってスッと抜けるタイプです。

設定も簡単

従来のLS200シリーズやTerastationと同様に共有フォルダへのアクセス制限設定、スケジュールバックアップやメール通知機能などの管理機能は今までと同様に設定・使用できます。

法人向け LS720DNBシリーズのマニュアルは↓から

LS720DN1602B : 取扱説明書 | バッファロー

家庭向けLS720Dシリーズのマニュアルは↓から

LS720D1602 : 取扱説明書 | バッファロー

設定後の転送速度

今までのLS-WXLシリーズやLS210シリーズと同じ1000Base-Tの有線LAN環境ですが、かなり高速化しています。

特に書き込み速度が向上しています。さすがヘキサコアCPUといったところでしょうか。

ランダムアクセスもかなり向上してますね。

思わぬところで弱点発見

Canon G1310をLS210シリーズではプリントサーバとして使用できるように設定できましたが、LS700シリーズではプリンタ共有機能は無いようです。ネットワーク機能がないプリンタをNASで共有したい場合は注意してください。

仕方ないのでLS210はプリントサーバーとしてもう少し仕事をしてもらうことにしました。

まとめ

一部弱点はありましたが、設定の簡単さはそのままで、CPU性能の向上、USBポートの増加など従来のLS210DNBシリーズと比較してかなり高性能になっていますが、価格差が小さいためかなりコスパの高いNASに仕上がっている印象を受けました。

家庭用としてだけでなく、小・中規模のネットワーク環境でも用途によっては快適に使えるのでは無いでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました