[Windows OS NAS]メリットとデメリットをエンジニアが解説

サーバー

[Windows OS NAS]メリットとデメリットをエンジニアが解説

今回はWindows NASのメリットとデメリットについて解説したいと思います

現役のエンジニアとして実際にサーバーの運用に関わっているので

実際のエンドユーザ様や現場エンジニアの声と思っていただけると嬉しいですw

↓の投稿ではLinuxのNASについても解説していますので、

比較中の方はそちらも見てみてくださいね

Windows Storage NASのメリット

設定や必要なソフトを自由にインストールできる

CALが不要

スナップショット機能が使用できる

ユーザの上限なくActive Directoryドメイン参加できる

設定や運用に必要なソフトをインストールできる

バックアップソフトなど慣れたものを使用できるメリットがありますが

下記注意点だけは確認しておきましょう

本サーバーは製造業者またはインストール業者によって特定の用途のために設計されたものです。お客様は当該用途に限って本ソフトウェアの使用を許可され、ユーティリティまたは管理、パフォーマンス強化、予防保守等の目的に使用されるこれに類似のソフトウェアを除き、追加のソフトウェアプログラムや機能をサポートしたり、本サーバーのデータストレージ機能を補完したりするために本ソフトウェアを使用することはできません。

https://www.elecom.co.jp/support/manual/storage/hd/nas/eula/EULA_WSIoT2019_Storage_Standard_JP_v01.pdf
1.ライセンスモデルの概要-c.特定用途

ちなみにWindows Storage Server 2016でも同様の記載があります

https://www.microsoft.com/en-us/UseTerms/Oem/WindowsStorageServer2016/StandardAndWorkgroup/UseTerms_Oem_WindowsStorageServer2016_StandardAndWorkgroup_Japanese.htm

CALが不要

通常のWindows ServerではCALが必要ですが、

Linux NASと同様にWindows Storage OSのNASではCALが不要です

こちらについてもCALが要求されないことが明記されています

本ライセンス条項によりライセンス取得済みWindows StorageServeソフトウェアの機能にアクセスしまたはこれら機能を使用するサーバーについては、Windows Serverクライアントアクセスライセンス(CAL)が要求されません。マイクロソフト製品のCALを取得している場合も、本ライセンス条項によりライセンス付与されていない本サーバーソフトウェアの機能を使用する権利が付与されるものではありません。

https://www.elecom.co.jp/support/manual/storage/hd/nas/eula/EULA_WSIoT2019_Storage_Standard_JP_v01.pdf
4.Windows Server CALの除外

スナップショット機能が使用できる

Windows Serverではボリュームのシャドウコピーの設定をすることで

簡単にスナップショットバックアップが可能です

こちらのサイトでわかりやすい説明をしています

ファイルサーバーを構築したらシャドウコピーの設定は必須だから(設定と復元方法を解説) | IT trip
ファイルサーバーを構築したら必ず設定をして欲しい機能に「シャドウコピー」があります。この機能を有効にしておくことで簡単に過去のある時点のファイルに復元する事ができます。ファイルを誤って上書きしてしまったり、削除してしまったりと何かと発生するヒューマンインシデントを解消する事ができます。また、この機能の良いところはユーザ

ユーザの上限なくActive Directoryドメイン参加できる

メンバーサーバとしてADに参加できます

WindowsOSなのでADへの参加もスムーズです

Workgroupエディションも50人の制限から解放されます

Windowsなので当然と言えば当然ですねw

Windows NASのデメリット

サポート期限がある

Workgroupエディションは登録ユーザが50人まで

設定や運用に関わる部分に専門知識が必要

サポート期限がある

現在、最新のWindows Server IoT 2019 for Storageの

延長サポート期限は2029/01/09です

Workgroupエディションは登録ユーザ50人まで

Windows Server IoT 2019 for StorageはStandardとWorkgroupの2種類があり、

Active Directoryの環境がない場合、Workgroup Editionでは制限があります

人数が50以上の場合はStandard Editionをおすすめしますし

50人以上の環境であればActive Directoryの構築をおすすめします

Workgroup Editionのユーザー利用制限数について

Workgroup Editionは50ユーザー以内でご利用いただけます。

51人以上のユーザーアカウントが必要になる場合は、Standard Edition搭載製品をお選びください。

※利用するユーザーアカウントは再割り当て可能ですが、90日以内に再割り当てを行うことはできません。

また上記前提の上で以下の条件を満たすことにより、51人以上のユーザーアカウントが登録された「AD環境下」でWorkgroup Editionの製品をご利用いただくこともできます。

・ユーザー1人につき1つのアカウントが割り当てられていること。

・1つのアカウントを複数人で利用しないこと。

・ユーザーは、常に自分のアカウントでのみNASへアクセスすること。

https://www.iodata.jp/support/qanda/answer/s19640.htm

設定や運用に関わる部分に専門知識が必要

・共有フォルダの作成、権限の設定

・共有フォルダのゴミ箱機能やスナップショット機能などの有効化

・ユーザー、グループの作成(ユーザーの一括登録など)

・自動バックアップ(スケジュールや動作を複数作る)

・UPSとの連動ができる

・サーバの動作状況をメールやブラウザ、クラウド上で管理・監視

ざっくりとこれぐらいの設定が必要です

特にアクセス権限についてはつまずき易いです

規模が小さくても意外と時間がかかって大変なケースもあります

(参考)国内メーカーのWindows NAS

アイ・オー・データ

BUFFALO

ELECOM

まとめ

Windows NASのメリット、デメリットとおすすめ機種を紹介しました

WindowsNASはCALが不要で自由度が高い

構築・運用に必要な設定の専門知識が必要

設定に自信がない場合はLinuxNASをお勧めします

Linuxでもスナップショットに対応した機種も増えてます

NASの運用に必要な機能も充実しているので

50人前後の企業や部署であればLinuxNASでも十分です

コメント

タイトルとURLをコピーしました