PNY SSD 2.5インチ CS900をレビュー・メーカー純正ツールもシンプルで分かりやすい

修理・アップグレード

Amazonや楽天で販売されているPNY SSD CS900シリーズについてレビューしたいと思います。

古いノートパソコン用に安いSSDを探していましたが、たまたまAmazonのセール品でPNYのSSD CS900が対象になっていたのでポチッとしてみました。

メーカー製コピーツールは?

HDDのデータやインストール済みのソフトを新しいSSDにコピー(クローン作成)する場合、

SamsungのMigrationツールやWesternDigital、Sandisk、CrucialのようなAcronisTrueImageはメーカーとして提供していないので、

クローンを作成できるフリーソフトやコピー可能なHDDアダプタ(ケース)、場合によっては有償ソフトが必要です。

ハードディスクからSSDに交換するための方法はこちらで解説しています。

純正ツール PNY SATA Toolboxはシンプルで使いやすい

メーカー純正SSD管理ツール「SSD Toolbox」を使うと寿命の把握やS.M.A.R.Tの状態確認、Secure Eraseなどが可能です。

ダウンロードは下記リンクから可能です。

Solid State Drives
Learn more about Solid State Drives at pny.com

トップ画面

最初の画面「Summary」でSSDの型番、ファームウェアのバージョン、残りの寿命など主要な情報が表示されています。

S.M.A.R.T画面

SSDの詳細な状態を確認することができます。全て英語なので分かりにくいです。

ここはCrystalDiskInfoを使用した方が日本語でわかりやすいです。

CrystalDiskInfoの画面です。日本語で情報も見やすくて分かりやすいです。

Optimization

オプティマイゼーションの画面です。削除済みデータをさらに確実に消去?するようです。ここはまた検証してみたいと思います。

Secure Erase

SSDを完全に消去(初期化)をここから行えます。消去したいSSDをUSBアダプタなどで起動ドライブ以外にして消去すると確実です。(USBアダプタなどで外付けするなど)

ファームウェアのアップグレード

SSDのファームウェアをアップグレードする機能もあります。右側の「Firmware Upgrade」をクリックするとバージョンの確認後、アップデートが始まります。

PNYではファームウェアアップデート専用のツールも公開しています。

ファームウェアアップデート以外の他の機能が不要な場合、このツールだけでも十分でしょう

CrystalDiskMarkでベンチマーク

定番のベンチマークソフトCrystalDiskMarkでベンチマークをしてみました。

2011年製の古いノートパソコンに装着してみましたが、読み取り速度は非常に高速です。Windowsの起動やOfficeの起動、インターネットなど快適になりました。

書き込み速度が非常に遅かったのは気になりますが、ハードディスクからの交換であれば十分効果を体感できると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました