PNY SSD 2.5インチ CS900をレビュー・メーカー純正ツールもシンプルで分かりやすい

修理・アップグレード

Amazonや楽天で販売されているPNY SSD CS900シリーズについてレビューしたいと思います。

古いノートパソコン用に安いSSDを探していましたが、たまたまAmazonのセール品でPNYのSSD CS900が対象になっていたのでポチッとしてみました。

値段が安めのSSDですがHDDから換装した場合はWindowsの起動など十分効果を感じられると思います。

メーカー製コピーツールは?

HDDのデータやインストール済みのソフトを新しいSSDにコピー(クローン作成)する場合、

SamsungのMigrationツールやWesternDigital、Sandisk、CrucialのようなAcronisTrueImageはメーカーとして提供していないので、

クローンを作成できるフリーソフトなどが必要です。

ハードディスクからSSDに交換するための方法はこちらで解説しています。

純正ツール PNY SATA Toolboxはシンプルで使いやすい

メーカー純正SSD管理ツール「SSD Toolbox」を使うと寿命の把握やS.M.A.R.Tの状態確認、Secure Eraseなどが可能です。

ダウンロードは下記リンクから可能です。

Solid State Drives
Learn more about Solid State Drives at pny.com

最初の画面でSSDの型番、ファームウェアのバージョン、残りの寿命など主要な情報が表示されています。

https://www.pny.com/company/support/solid-state-drives

SSDの詳細な状態を確認することができますが全て英語なので英語が苦手な私は分かりにくいですw

CrystalDiskInfoを使用した方が日本語でわかりかもしれません。

SSDを完全に消去(初期化)やファームウェアのアップデートをこのツールで全て行えそうですが、PNYではファームウェアアップデート専用のツールも公開しているので、ファームウェアアップデート以外の他の機能が不要な場合、このツールだけでも十分でしょう

https://www.pny.com/company/support/solid-state-drives

ベンチマーク

2種類のベンチマークソフトで測定してみました。

CS900の240GBのものを使用し測定時のファームウェアはCS900KB3です。

CrystalDiskMark

定番のベンチマークソフトCrystalDiskMarkで1GiBと8GiBの両方で測定してみました。

読込速度を2.5インチ5400回転のハードディスクと比較グラフにしてみました。シーケンシャル速度だけでなくランダム速度もハードディスクよりかなり上回っています。

書込速度を2.5インチハードディスクと比較してみました。8GiBのSEQ1M Q1T1ではSSDの挙動が怪しい感じではありますが、全般的にSSDの方が動作速度は上回っています。

ただ書き込み速度は最高でも150MB/s前後なので有名他社のSSDよりは低速です。

ATTO Disk Benchmark

ATTO Disk benchmark 4.01でもベンチマークを行ってみました。このソフトでは各セクタ単位で測定するのでグラフにすると性能がわかりやすいです。

SSDの読み書き、HDDの読み書き速度をまとめてグラフにしています。全体的にSSDの方が上回っていますが、64KB未満の小さなサイズでは書き込み速度がHDDより低速という結果になりました。

まとめ

2011年製の古いノートパソコンに装着してみましたが、読み取り速度は非常に高速です。Windowsの起動やOfficeの起動、インターネットなど快適になりました。

書き込み速度が非常に遅かったのは気になりますが、ハードディスクからの交換であれば十分効果を体感できると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました