[LGA1156CPU換装]第1世代Core iシリーズ・Pentium比較表

修理・アップグレード

LGA1156というIntel Core シリーズでは初期のソケット形状で、今では第1世代Coreシリーズとも言われています。それまでの主流だったCore2DuoやCore2QuadのLGA775からフルモデルチェンジされ、発売されたときはかなり話題となりました。

現在では格安で流通しているCPU単体やPC本体もありますので、CPUを換装する時の参考になれば幸いです。

Nehalem世代のIntel CPUシリーズ

Nehalem世代ではLynnfieldとClarkdale更にはBloomfieldのシリーズが存在します。

BloomfieldシリーズだけCPUソケットがLGA1366で互換性はないのでCPUを換装する時には注意が必要です。今回のリストには掲載していません。

第1世代のCoreシリーズの規格は規格は古く、同じソケット形状でも速度が遅いことが多いです。メモリはDDR3-1066や1333が主流で、PCI Expressの規格も2.0なので、最新グラボ(GPU)を装着しても全性能を発揮できないかもしれません。

第2世代などのIntel Coreシリーズとも互換性はないので、最上位で一般的に入手しやすいのはIntel Core i7-860や880でコア数が4、スレッド数は8です。

同規格のCeleronやPentiumからCore-i5やCore-i7に換装することで、現在最新のCeleron G5900並のCPU性能は発揮できそうです。

Intel Core i7 880 vs Celeron G5900

Intel Core i7-880 @ 3.07GHz vs Intel Celeron G5900 @ 3.40GHz [cpubenchmark.net] by PassMark Software

Lynnfield(リンフィールド)

開発コード名LynnfieldではXeonやCore i7、Core i5がラインナップとしてあります。全て4コアですがCore i5では4スレッドで、Core i7では8スレッドです。

プロセッサーナンバーコア数スレッド数ベースクロック数(GHz)ターボブースト時クロック数(GHz)TDP(W)メモリ種類
i7-880483.063.7395DDR3 1066/1333
i7-875K482.933.695DDR3 1066/1333
i7-870s482.663.682DDR3 1066/1333
i7-870482.933.695DDR3 1066/1333
i7-860s482.533.4682DDR3 1066/1333
i7-860482.83.4695DDR3 1066/1333
i5-760442.83.3395DDR3 1066/1333
i5-750s442.43.282DDR3 1066/1333
i5-750442.663.295DDR3 1066/1333

Clarkdaleシリーズ

開発コードClarkdaleではCore i5の600番台やCore i3の500番台、Pentium G6900番台が中心です。Core i5やi3では2コア、4スレッド、Pentiumシリーズでは2コア、2スレッドとなっています。

プロセッサーナンバーコア数スレッド数ベースクロック数(GHz)ターボブースト時クロック数(GHz)TDP(W)メモリ種類
i5-680243.63.8673DDR3 1066/1333
i5-670243.463.7373DDR3 1066/1333
i5-665K243.23.4673DDR3 1066/1333
i5-661243.333.687DDR3 1066/1333
i5-660243.333.673DDR3 1066/1333
i5-650243.23.4673DDR3 1066/1333
i3-560243.3373DDR3 1066/1333
i3-550243.273DDR3 1066/1333
i3-540243.0673DDR3 1066/1333
i3-530242.9373DDR3 1066/1333
Pentium G6960222.9373DDR3 1066/1333
Pentium G6951222.873DDR3 1066/1333
Pentium G6950222.873DDR3 1066/1333

まとめ

リストにあるCPUは規格が同じなので規格上は互換性があります。

換装が心配な場合はBTOパソコンやメーカー製のパソコンでも当時のカスタマイズで構成(選択)できたCPUに換装することをお勧めします。自作系パソコンのマザーボードであればマザーボード型番からCPUサポートリストを検索できるので、対応するCPUのBIOSバージョンも確認しておきましょう。

別記事で解説したDELL OPTIPLEX980などはこのリストを元に交換できると思います。

自宅で長年使用しているパソコンや中古パソコンのCPU交換するときの参考となれば嬉しいです。最上位のCore i7 880や860でも現行のCeleron並みのスコアがでているので、事務用途やネット中心の使い方であれば、まだ使えるCPUだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました