NEC ノートパソコン Lavie NS20A/Mをプチ分解してみた

修理・アップグレード

今回はNECのノートパソコンLavie NS20A/Mをプチ分解して、内部の構造を確認してみました。

Lavie NS20A/Mの概要

楽天やAmazonでOffice Home & Business 2019付きで6万円前後で購入できるエントリーモデルのノートパソコンのようです。Office代を考えれば3万円台なのでかなり安いですね。

正式な型番はPC-NS20AM2Wです。

CPUはAMD製のA6-9225 2.6GHzでCPUコアは2コアです。IntelでいうところのCeleronというイメージで大体OKです。

NEC公式の仕様は下記リンクから確認して下さい。

https://support.nec-lavie.jp/support/product/shop/catalogue/pdf/ns20am2w2_hsw.pdf

AMDのロゴもかっこいいですね。

プチ分解してみる

メモリは公式サイトでは交換不可となっていますが実際にはどうなっているのか確認したいと思います。

格安モデルのため、SSDではなく1TBのハードディスクが搭載されているので、動作が非常に遅いです。SSDに交換する方法についてもここで解説します。

パソコンをひっくり返して、背面の見えているネジを全て外します。USBに何か刺さっている場合も全て外しておきます。

上の写真とは上下反転していますが、カバーを外すとこんな感じです。ディスプレイの蝶番の横あたりから爪や分解用の工具を突っ込むと外しやすいです。

2.5インチSSDに交換可能

ハードディスクはお馴染み5400回転の2.5インチSATAハードディスクです。おすすめの2.5インチSSDでも十分性能を発揮できそうです。m.2スロットは無線LAN用以外は見当たりませんでした。

メモリ増設は8GB以上は不可能

メモリスロットは1つしかありません。8GBのPC4-17000メモリが刺さっています。このクラスのパソコンでは十分な気がしますし、AMDのA6-9225自体が8GBまでしかメモリサポートしていないので、増設は不可能です。

まとめ

NEC Lavie NS20A/Mのプチ分解と内部を解説してみました。

白くてお洒落な外観、フルHDの解像度なのでちょっとした家庭用パソコンとしては十分な気がします。SSDに交換すればパソコンの起動も早くなるのでかなり快適なパソコンになるのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました