[WiFiがつながりにくい?]ネットワーク拡張にはアイ・オー・データのPLCが簡単・便利

ネットワーク
PLC-HD240ERシリーズ | PLC(コンセントLAN) | IODATA アイ・オー・データ機器
コンセントに挿すだけでWi-Fiが届かない場所もつながる PLC「PLC-HD240ERシリーズ」の商品概要ページです。

PCLは電気のコンセントをLAN(ネットワーク)化する商品で

以前はPanasonicなども販売していましたが

現在では大手メーカーだとアイ・オー・データのみのようです

WiFiが届きにくい土壁の家やそもそも電波がとどきにくい大きな豪邸、

学校や公共施設などのコンクリートの建物で

ちょっとしたネットワークの増設におすすめです。

PLCでLANを延長した先でWi-Fiルータやアクセスポイントを

設置すれば自宅や会社・学校などのWi-Fiエリアの拡張ができますね

PLC-HD240ER-Sは親機、子機のセットなので購入すれば

すぐにネットワークの拡張ができます

PLCのメリット

  • 無線LAN(WiFi)の届かないところにインターネット環境を作れる
  • コンセントに挿すだけでLAN環境をつくれる
  • 必要な場所にLANを増設することも簡単(子機の増設が簡単)
  • 電波の干渉を受けない
  • 長いLAN配線がごちゃごちゃしせずすっきりする

家庭や会社・学校などでも同じ分電盤のなかであれば

つながることが多いです

無線LANやWiFiの知識がなくてもコンセントに挿すだけなので

配線もスッキリするのでおすすめです

デメリット

  • 最新のWiFi(無線LAN)ほど速度がでない
  • 電子レンジや冷蔵庫などの電気ノイズの影響を受けやすい

速度の遅さが心配な場合はテレビのアンテナ線を使用して

LANを拡張する製品もあります

アンテナ同軸線モデムを使用すると最大実効速度が300Mbpsで

ネットワークを拡張できます

セキュリティー面ではどうなの?

同じ製品を簡単に増設できるPLCですが、

通信はAES128bitで暗号化されているので筒抜けという感じではないです

ペアリングの設定も親機を操作しないといけないので

他人に勝手に増設されることは予測しにくいです

そもそも、家にPLCの通信機器があるかどうかはわからないですからね・・・

まとめ

電源コンセントを使用したLAN(PLC)について解説しました

法人向け商品としてはPLC-HM240Eという中継に特化した商品もあるようです

PLC-HM240E | PLC(コンセントLAN) | IODATA アイ・オー・データ機器
M2M通信に最適なPLCマルチホップ「PLC-HM240E」の商品概要ページです。

WiFiが届かない部屋や建物でちょっとしたネットワークの拡張にはPLCをおすすめします

(時々需要があるので今後も商品として残ってほしいですw)

コメント

タイトルとURLをコピーしました