SSDのデータを消去する方法

パソコン関係

パソコンの内部や外付けドライブとしてSSDの需要がかなり高まっていますが、今まで主流だったハードディスクとは保存方法が違うので消去の方法も違っているのか?検証してみましたので記事にしたいと思います。

SSDを他人に売ったり、あげたりするときの参考になればと思います。

Windowsのフォーマットで消去

スクリーンショットで撮影した画像ファイルを不要になったCrucialのSSDに保存して、いろんなパターンで消去してみました。

まずは「クイックフォーマット」で初期化してみました。

クイックフォーマット後に復元ソフトでスキャンをかけてみます。

Recuva(簡易的なフリーソフト)でも復元できる状態で検知しましたが元のファイル名はわからなくなっています。

Recuva - Free Download
Download Recuva, the award winning data recovery tool

続いては「通常フォーマット」です。

クイックフォーマットとは違い少し時間がかかります。

先ほどと同じRecuvaではディープスキャンを行っても何も検知できませんでした。

続いては復元ソフトとしては定番の復旧天使でスキャンしてみました。いくらかファイルを検知しましたが写真ファイルは検知できていませんでした。

テラステーション、リンクステーションなどのNASデータ復元ソフト|復旧天使 公式
復旧天使の公式サイト。テラステーションやリンクステーションなどのネットワークディスク、RAID構成のNASなど、簡単に復元できるソフトウェアをご用意しています。体験版有り、ぜひお試しください。

EaseUS Data Recoveryでもスキャンしてみました。

EaseUS®データ復元フリーソフト - EaseUS Data Recovery Wizard Free
【EaseUS(イーザス)公式サイト】EaseUS Data Recovery Wizard Freeは、ファイルやフォルダを無料に復元してくれるデータ復旧フリーソフトです。HDD、外付けHDD、USBメモリ、メモリカードなど、すべての記憶装置からデータを迅速で安全に復元できます。

よくわからないファイルが数個出てきただけで写真は検知していませんでした。

復元率の高いソフトでも復元できないレベルで消去されているようです。

フォーマットだけでもしっかり消えてます。

最後にファイナルデータ特別復元版を試してみました。

ファイナルデータ シリーズ 無料体験版
簡単!ファイナルデータ特別復元 無料体験版の使い方を動画で説明します 動画再生、体験版ダウンロードの前に インストールと起動方法

クラスタスキャンという一番しっかりしてそうなスキャンをかけてみました。

数時間かけてスキャンしましたが何も検知することはありませんでした。

通常のフォーマットでも結構消去できている印象です。続いてソフトを使って消去スキャンしてみました。

フリーソフトで消去

無料のソフトでもディスクを消去する機能がある物もあります。

定番の2種類のソフトで検証しました。

CCleanerでディスクを消去

Clean & speed up your slow PC | CCleaner Official Website
Clean, speed up your slow PC or Mac, update outdated software and protect your privacy online. Home of the hugely popular CCleaner, download it FREE today.

無料版のCCleanerをインストールして起動するとこんな感じのメニューが表示されます。

左側にある「Tools」をクリックします。

「Drive Wiper」をクリックしてWipeを「Entire Drive」を選択します。

Securityの項目で何回上書きするか選択します。

ハードディスクと違い、SSDの場合は書き込みすぎると寿命に影響しますので、通常は「Simple Overwrite(1pass)」で大丈夫です。

ERASEと入力して「OK」をクリックすると消去が開始されます。

EaseUS Partition Master Free Editionで消去

対象のディスク(SSD)を右クリックして「データを消去」をクリックします。

データの消去回数を設定します。まだ再利用する場合は1回で大丈夫です。

メッセージが表示されたら内容を確認して「OK」をクリックします。

画面上部にある「操作を実行する」をクリックすると設定した内容で消去が開始されます。

消去中の画面です。100%になるまで待ちましょう

ハードディスクでは定番の消去方法ですがかなり時間がかかりました。データはフォーマットした時よりは確実に消去されていました。

SSDメーカーのツールで消去

ハードディスクでは0上書き消去や複数回上書きする方法で消去していましたがSSDではサニタイズやセキュアイレース(Secure Erase)という方法で消去できます。

KIOXIA SSD UTILITYでは「メンテナンス」から「ツール」の中でSecure Eraseが可能です。

SeaTools SSDでは「OPERATIONS」から「Erase」を行えます。

Crucialでは「ドライブのサニタイズ」で消去できます。

セキュアイレース(Secure Erase)やサニタイズした後は完全に初期化されているようで、Windowsで使用する際はドライブの初期化から始めます。

Recuvaなどのフリーソフトでは全く元のデータを検知できませんでした。

復旧天使などの高級なソフトでも全く検知できませんでした。

まとめ

Windowsのフォーマットでもある程度データが消去されましたが、まだ使用するSSDの場合、一度消去するのであればセキュアイレースやサニタイズをおすすめします

消去時間は数十秒であっという間にデータが消去されました。個人的なちょっとしたデータの消去であればこの消去方法で十分なのかなと思います。

どうしても心配な人はSSDを物理的に破壊するしかないと思います

有名なメーカーであれば性能だけでなく、メーカー公式のソフトを使用してメンテナンスや消去ができるのでより安心してSSDが使えるのかなと思います。

安心して使える最新のおすすめSSDについてこちらにまとめさせていただきました

コメント

タイトルとURLをコピーしました