DELL OptiPlex980 分解[CPU換装・メモリ増設方法]

パソコン関係

Intel Core-i5 650搭載のDELL OptiPlex980を分解して見ました。

主なスペック

筐体・・・スモールフォームファクタ

CPU・・・Intel Core-i5 650

メモリ・・・8GB

HDD・・・500GB 7200rpm

SSDへの換装、メモリの増設、ビデオカードの増設、CPU交換ポイントについて解説したいと思います。

SSD換装

HDDは3.5インチの物が接続されていましたが、変換マウンタなどを使用して2.5インチのSSDを接続・マウントできそうです。m.2スロットは年代的に無いので諦めましょうw

側面パネルを開けるとHDDへは簡単にアクセスできます。

SATA接続には対応していますが最大3Gbpsでおすすめする最新のSSDの速度は活かせれませんがHDDよりは快適に使用できると思います。

https://www.dell.com/downloads/jp/products/optix/optiplex980_specsheet.pdf

メモリ増設

レバーを押し込むとDVD・CDドライブが外れます。DVD・CDドライブを外すとメモリの交換・増設が可能です。

メモリスロットは4スロットあり、DDR3-1333/PC3-10600に対応しています。

4GB×4枚で最大16GBまで対応しているようです。

ビデオカード増設

PCI Express x16が1レーンあり、懐かしいPCIスロットも存在しています。

スモールフォームファクタなのでロープロファイルのビデオカード(グラフィックボード)を接続できますがビデオカードのファンなどの厚みが2レーン分占有するカードはHDDマウントカバーと干渉するので物理的にです

カード自体が1レーンの幅で収まるGeforce GT1030シリーズぐらいが良いかもしれません。

CPUの換装

まずはケースファンとダクトを止めているネジを外します。

続いてCPUファンのネジも外していきます。メーカー製のCPUファンはねじ止めが多いです。

CPUにアクセスできるようになりました。自作パソコンと同様にレバーを操作してCPUを交換できます。

LGA1156のCPUであれば規格上動作すると思いますが、Core i7でも4コア8スレッドが限界です。

インテル® Core™ i7-870 プロセッサー (8M キャッシュ、2.93 GHz) 製品仕様
インテル® Core™ i7-870 プロセッサー (8M キャッシュ、2.93 GHz) 仕様、機能、価格、対応する製品、設計資料、製品コード、スペックコードなどが分かるクイック・リファレンス・ガイド。

PassMarkでのスコアもPentium G6400とCeleron G5900の間で、どちらかというとCeleronよりの性能に近いです。

Intel Core i7-870 @ 2.93GHz vs Intel Pentium Gold G6400 @ 4.00GHz vs Intel Celeron G5900 @ 3.40GHz [cpubenchmark.net] by PassMark Software

ケース交換は現実的じゃないかも

マザーボードのメインの電源ソケットが通常サイズより小さく、一般的な電源ユニットでは接続できません。

画像ではわかりづらいですが、SATAコネクタ3つ分ぐらいの幅しかありません。

変換ケーブルの検索や載せ替えの手間を考えるとケース交換はおすすめしません。

まとめ

Core-iシリーズの初期モデルですが、Core-i7に換装してビデオカードを増設することで、60FPSで楽しむレベルであれば最新のゲームでも遊べるようです。

Dell Optiplex 980 Gaming Upgrade • i7 870 – GTX 1050 2GB – SSD + Recycled Acer AL2223w Monitor

スモールフォームファクタは小型で邪魔にはなりませんが、拡張性は低いので、低予算のゲーム用途であればより同じOptiPlex980でも大きなサイズのケース(デスクトップ型・ミニタワー型)の物をおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました