Macbookのおすすめバックアップ方法[無料・簡単]

Apple製品

macOSにはTimeMachine(タイムマシーン)という標準で装備されている機能でmacの状態を丸ごとバックアップすることができます。

バックアップ先にはUSBハードディスク、USBSSDなどのUSB外付けディスクやNASなどのネットワークハードディスクに設定できます。

USBハードディスクにバックアップ

  • 基本的に外付けディスクを接続するだけで準備完了
  • USBのポートを一つ占有される
  • バックアップするためには接続しないといけない(持ち運ぶことの多いMacBook AirやMacBookProでは邪魔かも・・・)

基本的に外付けディスクを接続するだけで準備完了

市販されているほとんどのUSBハードディスク、USBSSDはTimeMachineとして利用できますが、心配な場合はmacOSに対応しているか確認しておきましょう。

最新のMacBookではUSBがType-Cしか接続できません。

変換アダプタを持っている場合は昔のHDDでも接続できますが、最新のMacではType-CからUSBに変換するアダプタを持ってない場合はType-C接続のディスクが必要です。

USBのポートを一つ占有される

MacBook AirなどではUSBのポート数が少なく、バックアップ用ハードディスクなどで1つ使ってしまうと接続性や拡張性がなくなり不便です。

USB接続マウスなどの周辺機器が多い場合には注意が必要です。

バックアップするためには毎回接続しないといけない

USB接続のディスクでバックアップを行う場合、当然ですが接続していないとバックアップされません。

前述したとおりUSBのポートを占有されるだけでなく、バックアップするために毎回接続しないといけないので、持ち運びの多いMacBook AirやMacBook Proでは不便です。

このような不便さを解決してくれるのがNASです

NASにバックアップ

NASと同じネットワークに繋がっていれば自動的にバックアップ

USBディスクより高い

NASの設定が必要

NASと同じネットワークに繋がっていれば自動的にバックアップ

最近では家庭内でも無線LANルーターなどでネットワークを作っているところも多くなってきました。NASはネットワークでハードディスクを共有できるサーバーのことで、macでもTimeMachineでのバックアップや他のパソコンやスマホとのデータのやりとりにも使用できます。

私の自宅ではBUFFALO社製の古めのNASを使用していますが、TimeMachineのバックアップ先として特に問題なく動作しています。

TimeMachine専用のNASとして購入する場合は容量だけ気にしておけば、特にハイエンドなモデルは不要と思っています。

BUFFALO LS220DGシリーズではTimeMachineにも対応していてRAID1(ミラーリング)にも対応しており比較的安価なモデルです。

TimeMachineだけでなくNASを使い倒したい場合はQNAPやSynologyが性能が高く、機能も多いので少し高いですがおすすめです。

バックアップNASについての詳しい比較の情報はこちらから。

USBハードディスクより高い

メーカーやモデルでばらつきはありますが、USB接続1TBのハードディスクはAmazonで6,000円前後ですが、同容量のNASの場合は最低でも1万円以上です。

ネットワーク上で複数のパソコンで共有できたり、メールの通知機能があるなどNASは小型のパソコンと考えれば妥協できる金額だと思います。

NASの設定が必要

USBハードディスクのように電源を入れて、接続してすぐ使えるようにはなりません。

設定が必要ですが、ブラウザ上でマウスやキーボードで操作でき、メーカーが手順書やマニュアルを準備しているのでそれほど難しくはありません。

設定でわからないことがあればお問い合わせフォームからご連絡くださいね

TimeMachineの設定方法

バックアップ先のハードディスクを接続、設定したらTimeMachineの設定を行います。

Macのシステム環境設定から「TimeMachine」をクリックします。

「バックアップを自動作成」のチェックが入れれる状態であれば入れておきましょう。

邪魔でなければ「Time Machineをメニューバーに表示」のチェックも入れておきましょう。

バックアップ先の設定を行うためには「ディスクを選択」をクリックします。

TimeMachineの設定をしたNASの共有フォルダが表示されました。

USB接続しているハードディスクもここに表示されます。

クリックして接続します。

NASの共有フォルダにパスワードなどのアクセス制限をかけている場合はNASに設定した名前とパスワードを入力します。

接続できたら、初回のバックアップが開始されます。

初回は全体のバックアップを行うため時間がかかります。

私の場合132GBぐらいあったので放置して寝ましたw

バックアップ中もMacは普通に操作できます。

一度バックアップが正常終了した後は自動で定期的にバックアップを行ってくれます。

Macが無線LAN環境であれば、無線LANの電波が届く範囲であればどこにいてもバックアップしてくれるので便利です。

バックアップ中に特にmacの動作やネットワークが遅くなるようなことは今まではありませんでした。

バックアップ先の容量(使用状況)も確認できます。

容量がいっぱいになった場合は古いバックアップから順番に削除されるため、いっぱいになってバックアップが動かなくなることはなさそうです。

TimeMachineの復元方法

タスクバーに表示されているアイコンをクリックし、「TimeMachineに入る」をクリックします。

時系列で復元ポイントが表示されます

復元したいファイルを選択して「復元」をクリックします。

同じファイル名のデータがあればメッセージが表示されますので、置き換えるか、両方残すか選択します。

まとめ

設定自体はとても簡単なので、iMacやMacBookを購入したらTimeMachineでバックアップの設定をしましょう。

NASと無線LANとTimeMachineの組み合わせは無意識にバックアップも取ってくれているのですごく便利で安心してMacを使い続けることができます。

TimeMachineにおすすめのNASはこちらの記事を参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました