ノート型Mac(MacBook)の失敗しない選び方

Apple製品

ノート型Mac(MacBook)の失敗しない選び方

スタイリッシュなデザインで人気なMacBookですが

CPUやSSDをカスタマイズして必要な性能を手に入れることができます

MacBookの種類

大きく分けて4種類あります

  • MacBook Air (2020) 13インチ
  • MacBook Pro 13インチ 第8世代Intel Core
  • MacBook Pro (2020) 13インチ 第10世代Intel Core
  • MacBook Pro 16インチ

MacBook Airと第8世代Intel Core-i5を搭載している

MacBookでは価格差が小さいです

また現行のMacBookではUSBのポートが全てType-Cになっているので

今までのタイプAコネクタのUSBメモリや

プリンタなどは直接繋げれません

必要に応じて変換アダプタなどが必要です

新しい規格のType-Cに統一されてしまったので

実際に不便という評価をよく見かけます

MacBook Air
(2020)
MacBook Pro
(第8世代Intel)
MacBook Pro
(第10世代Intel)
MacBook Pro 16インチ
画面サイズ13インチ13インチ13インチ16インチ
価格帯104,800円〜134,800円〜188,000円〜248,800円〜
CPUIntel Core i3〜Intel Core i5〜Intel Core i5〜Intel Core i7〜
メモリ(DDR4)8GB〜(DDR3)8GB〜(DDR4)16GB〜(DDR4)16GB〜
SSD256GB〜256GB〜512GB512GB〜
グラフィック性能⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
USBの形状Type-CType-CType-CType-C
USBの数2244
Touch Barなしありありあり

MacBook Air (2020) 13インチ

見た目重視でのコスパ最強(下位モデルは11万円台から)

用途に合わせてCore-i7までカスタマイズ可能

学校の課題や、会社の資料作成・編集ぐらいでは問題なし

Retinaディスプレイがキレイ

ストレージはどれを選んでもSSD

MacBookの中では最軽量

MacBook ProよりCPU性能が低い

MacBook Proよりディスプレイの性能が劣る

長時間の動画編集や重めのゲームには向いていない

新品のMacが欲しいけどできるだけ予算を抑えたいな

でも動画編集も趣味でやってみたいな

持ち運びが多いし、できるだけ軽いのがいいなー

一番価格を抑えれるのはMacbookAirです

カスタマイズでi5やi7も選択できるので

動画編集やプログラミングをしてみたい場合は

予算に合わせてアップグレードをお勧めします

薄くて軽いのでどこでも作業ができますね

MacBook AirでもMacBook Proと同様にCore-i5やCore-i7に

カスタマイズ可能です。

プログラミングや画像編集、動画編集をする場合には予算に合わせて

アップグレードしましょう

インターネットやOffice(Excel、Word)などの作業が中心であれば

Core-i3でも問題ないです

7年落ちのMacBook Airを使っていますが

事務仕事では全く問題ないです

プログラミングの勉強や写真の編集、マイクラなど十分使えます

MacBook Airの公式ストアはこちらから、

教職員・学生であれば学割価格で買える学生・教職員向けストアがおすすめです

Amazon、楽天などではストアのポイントが付くので

公式ストアよりもお得な場合があります

MacBook Pro 13インチ

第10世代Core-i5やCore-i7にカスタマイズ可能(MacBookAirより高性能)

RetinaディスプレイがMacBookAirよりキレイ

ストレージはどれを選んでもSSD

13インチでTouch Bar付き

第8世代CPUではグラフィック性能が現行のAirより低い

第8世代のCPUでは特に長時間の動画編集や重めのゲームには向いていない

MacBook Pro 13インチは第8世代と第10世代が選べてしまうので

値段だけで第8世代のCPUを選んでしまうとMacBook Airより

性能が低くなってしまうことがあります

動画処理やゲームをしたい場合は第10世代のCPUを選びましょう

見た目やTouchBarを使いたい理由で

MacBookProを購入したい場合は問題ないですw

MacBook Pro 13インチの公式ストアはこちらから、

教職員・学生であれば学割価格で買える学生・教職員向けストアがおすすめです

Amazon、楽天などではストアのポイントが付くので

公式ストアよりもお得な場合があります

MacBook Pro 16インチ

16インチで画面が大きくて見やすい

RetinaディスプレイがMacBookAirよりキレイ

ストレージはどれを選んでもSSD

GPU(グラフィック)をカスタマイズしてクリエイター仕様にできる

第9世代なので最新CPUというわけではない

毎日、カッツリ動画編集(Youtuneの毎日投稿など)や

重めのゲームを行う場合はMacBookPro 16インチを強くおすすめします

第9世代のCPUですが第10世代のCPUと性能を比較しても

気にするほどの大差はありません。

CPU性能だけ細かく見て見るとシングルコアでは

MacBookAirやMacBookProの第10世代Core-i7より劣りますが、

マルチコアベンチマークでは圧倒的に上回っており

現状最強のMacBookだということがわかります

Mac Benchmarks - Geekbench Browser

グラフィック性能もバリバリのゲーマーGPUには劣りますが

スコアの高いものになっています

OpenCL Benchmarks - Geekbench Browser

MacBook Pro 16インチの公式ストアはこちらから、

教職員・学生であれば学割価格で買える学生・教職員向けストアがおすすめです

Amazon、楽天などではストアのポイントが付くので

公式ストアよりもお得な場合があります

まとめ

ノート型Mac(MacBook)の失敗しない選び方について解説しました

価格をできるだけ抑えたい・パフォーマンスもバランスよく必要であればMacBook Air

Touch BarとMacBook Proのデザインが好きだけで買う場合は第8世代Intel搭載のMacBook Pro

パフォーマンスは必要・大きくないものが良い場合は第10世代Intel搭載のMacBook Pro

とにかく高性能なMacBookが必要な場合にはMacBook Pro 16インチ

MacでもMicosoft Officeを使いたい場合は買い切り型のOfficeを

実際のお客様にもおすすめしています

Macを2台以上所有している・Windows10のパソコンも所有している場合

1台あたりの費用も抑えられるのでおすすめです

コメント

タイトルとURLをコピーしました