Acer Aspire ノートパソコン改造[SSD換装・Win10化]

Windows

8年落ちぐらいのノートパソコンですが、ブログようならまだ使えるかも・・・と思い、ハードディスクからSSDに換装してWindows10をインストールしてみました

OS・・・Windows7 Home →Windows10アップグレード済み

CPU・・・Intel Celeron Dual-Core B820

メモリ・・・DDR3-10600 2GB

SSD・・・ADROIT LARK 240GB

ハードディスクからSSDに換装

ネジ2箇所を外してカバーを取り外すと、かんたんにメモリとハードディスクにアクセスできます。

パソコン内部を触るときには必ずバッテリーとアダプタは外しておきましょう

使用したSSDはADROITLARKの2.5インチSSDです。

他社のSSDと比べると性能や管理性はいまいちですが、ハードディスクからの換装であれば体感できるほど爆速です

メモリ増設

今回はメモリは増設していませんが

DDR3-1600 S.O.DIMMに対応しているようです(MAX4GB2枚まで)

対応状況はBUFFALOやエレコムのメモリ検索が便利です

対応情報 | バッファロー
対応情報に関するサイト。テレビ・レコーダー・チューナーやメモリ、スマートフォン・タブレット、ゲーム機の対応情報等の情報をご紹介。
デスクトップ用メモリ | エレコム株式会社 ELECOM
メモリ容量を増やすことで、複数のアプリケーションを開いて作業したり、マルチメディアコンテンツの編集といったメモリを多く消費するような作業をする場合でも、ストレスのない快適な操作環境を実現できます。

Windows10をインストール

Windows7 Home Premiumのキーが張り付けてあります。

Windows10をインストールするときにも使用します。

インストールメディアは以前作っていたWindows10 1803の32ビット/64ビット両方いけるメディアです。

パソコンが古い機種だとWindows10のバージョンも古めの方が初期のトラブルが少ないです(現在の最新はWindows10_バージョン2004です)

Windows10のインストールについてはこちらから

Windows10を初期インストールする場合は可能であればBIOSでSATAモードをAHCIモードにしてBootモードをUEFIに変更することをおすすめします

Windows10の初期設定

Windows10のセットアップウィザードでネットワークに繋がないことが多いのでまずネットワークに接続します。

※接続済みの場合は飛ばしてください

つながりましたw

まずはWindowsの動作状況を確認します

△!マークになっている部品はうまく認識されていません

メーカーのホームページでWindows10のドライバをダウンロードできれば良いのですがメーカーがサポートしていないOSであればMicrosoft頼みということになります。

△!の項目を「右クリック」して「ドライバーの更新」をクリックします

「ドライバーソフトウェアの最新版を自動検索」しましょう

Microsoftがドライバーを管理している場合は、めでたく更新されますが、マニアックなドライバが必要な場合は自力で探すしかありませんw

画面がちゃんと出て、音が出て、インターネットができていればこのパソコンはOKだったのでそのまま設定に進みましたw

続いて一番大事なライセンス認証ですが問題なく認証されていました

ベンチマーク

新しくOSを入れたので状態確認です

SSDは使い回しなのですが、使用時間61時間、総書込量1012GBなのでまだまだ使えそうです

ベンチマーク結果です。SSDなので早いですね。

 メーカーの仕様を上回っています。

読取り:440MB/s

書込み:400MB/s

ADROITLARK
High-end Memory Product

まとめ

CPUが非力、メモリが少ないのでゲームやグラフィックソフトはきついですがインターネットやブログ用であれば問題なさそうです。

オフィス系ソフトはLibreOfficeをインストールしましたがサクサク動作しました

このクラスの中古ノートパソコンは激安なのでSSDと合わせても2万円以下で抑えれますね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました